ホーム > レインボー療法について

日頃悩まされる痛みは改善したいけど、こういう事ありませんか?

・以前に鍼や灸の施術で体にだるさが残った。
・整体や整骨などの施術には抵抗がある。
・体質的に漢方や薬など内服の施術は避けたい。
・テーピングなどの材質が皮膚に合わない。

レインボー療法の劇的な効果とは?

・鍼や灸などを使わないので身体的な負担が少ない。
・整体や整骨とは違い身体の反応を使って施術する。
・薬など内服系に施術ではないので、内臓への負担が少ない。
・テーピングなどで固定しないので、施述後の動作に制限がない。

レインボー治療とは?

日本国内でレインボー療法を利用されている先生方は1500名(医師・歯科医師・柔道整復師・鍼灸師・エステシャンほか)を超え、大阪と東京を中心に開催されている研修会には新しい先生方が次々と参加されています。

中でもレインボー療法を開発された小野田先生が会長を務め、
全国の療法家の先生方が中心となり組織されている「国際レインボー医学学会」は、
中国や韓国、台湾といった海外の先生方も会員として参加し、国際シンポジウムを開催するなど国際的に活動しています。

色が生活にとって重要な役割を果たす事は、一般には今でもあまり知られていません。
誰もが色は目でとらえ、そして識別されると思っています。
しかし実は、皮膚にも色をとらえる能力が存在するのです。

今日の科学では、色光は電波や熱と同じ振動の一種である事が知られています。
この振動の中で目に見えるものが可視光線と呼ばれ、波長の長い順から赤・黄・緑・青・紫へと変化していきます。
色光の振動数のほんのわずかな領域だけは人間の目が感じて、つまり見る事が出来る訳です。
人間の皮膚は紫外線に当たれば日焼けし、赤外線に当たれば熱を感じます。
色は人間の目には見えない紫外線と赤外線の間の振動ですので、
紫外線や赤外線の影響を受ける皮膚が、その影響を受けないはずはないのです。

色や光は、人体に大きな影響を及ぼしています。
色を感じたり反応するのは目ばかりではなく、人間の体全体を覆っている皮膚そのものの中にもあり、特に東洋医学でいう経穴(ツボ)にはその感知能力が強い事が経験的に分りました。

しかし、色が人体に影響を及ぼす事は、実は東洋医学では昔から知られている事でした。
古代の中国では、氣の遠くなるような年月をかけて、いろいろな刺激による療法が確立されてきました。
その刺激が針灸であり、色だったのです。
東洋医学というと鍼が有名ですが、色も施術に利用できるのです。

レインボー療法での体と色の関係

色は人体に大きな影響を及ぼしています、色を感じるのは目だけではなく、 人間のカラダの皮膚そのものの中にあり、特に東洋医学でいう経穴(ツボ) にはその感知能力が強いことが分かっています。 昔から中国では五臓六腑(ごぞうろっぷ)に対応する 色が決められています。

《赤色系》
狭心症・不整脈・心筋梗塞・動脈硬化・高脂血症・味覚障害・動悸・息切れ・循環器障害・仙骨の痛み・リウマチ

《黄色系》
糖尿病・胃腸虚弱・慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・筋力低下・便秘・肥満・唇の乾燥・左肩凝り・口内炎・食欲不振・正中線上の膝痛

《青色系》
肝臓の病気・椎間板ヘルニア・捻挫・打撲・関節痛・腱の損傷・眼疾患・右肩凝り・膝の内外痛・股関節痛・イライラ・偏頭痛

《黒色系》
腎炎・腎不全・夜尿症・頻尿・膀胱炎・前立腺炎・前立腺肥大・不妊症・性機能低下・インポテンツ・下肢の冷え性・耳鳴り・両肩凝り・耳疾患・骨がもろい・全体の頭痛

《白色系》
気管支炎・喘息・潰瘍性大腸炎・鼻炎・アレルギー性皮膚炎・吸器系疾患・ギックリ腰・五十肩

使用するもの

色は人体に大きな影響を及ぼしています、色を感じるのは目だけではなく、 人間のカラダの皮膚そのものの中にあり、特に東洋医学でいう経穴(ツボ) にはその感知能力が強いことが分かっています。 昔から中国では五臓六腑(ごぞうろっぷ)に対応する 色が決められています。

《レインボーテープ》
素材は色の力を邪魔しない自然な繊維で出来ており、青・赤・黄・白・黒・緑・紫の7色があります。
これを痛みのある部分やツボ(経穴)に貼る事により、
「氣」「経絡」の流れを整え自然治癒力をサポートする健康器具です(三角形のレインボーテープと丸形のレインボーテープアルファの2種類がございます)。

《レインボーパワー(器具)》
レインボーパワーは、内部に充填した「厳選鉱物」と、本体の「形状」の力を利用した特殊な指圧棒です。
このレインボーパワーの先端部や底部を経穴や不調部位に打つ・当てることにより、経絡の流れを整え自然治癒力をサポートします
レインボーパワーには、大きさによりタイプがあります。
大きいものから

・リミテッド
・スーパーデラックス
・スタンダード

という名称になっています。
どのタイプでも効果に変わりはありませんが、打つ秒数が違います。
施術に時間がかけられる、かけられないなど施術院の状況に合わせて選択してください。
施術家には「スーパーデラックス」タイプ、患者さんには「スタンダード」タイプが普及しています。

施術の流れ

①問診
 

ここでは、患者様の問診票やお話を基に改善の流れなどを説明します。
また、施術に関しても痛みや苦痛を伴うことはございませんので、ご安心
ください。


②施述
 

専用のベッドに横になっていただいきます。
また着替えなどの必要もなく普段の格好のまま背術を受ける事ができます。

※ただしスカートや薄着でのご来院の場合は施述用の服に着替えていただく場合がございます。


③施述中 赤色ライトの照射
 

赤色のライトを照射し、体の反応から症状の原因や改善方法を探ります。


④施述中 青色ライトの照射
 

青色のライトを照射し、体の反応から症状の原因や改善方法を探ります。

⑤施述中 緑色ライトの照射
 

緑色のライトを照射し、体の反応から症状の原因や改善方法を探ります。


⑥施述後の内容説明と今後のアドバイスを説明
 

施述後は患者様の状態を再度確認し、今後の生活のアドバイスなどいたします。


以上で施述は終わりとなります。
体の反応から原因を追求し改善を促しますので、薬など処方することもございませんので、ご安心ください。
※施述の結果内容によっては病院での診察をご案内する場合もございます。
 


 

患者様の声

大阪市住吉区 24歳 女性

私は二十歳位から慢性的に下半身(両足)が浮腫んでいて泌尿器科で診察と治療を受けて薬を飲んでいましたが、何時までたっても浮腫みは消えず足がだるくなり 歩くのが嫌になるくらいでした。 叔母が住吉区のカリヤ鍼灸整骨院でレインボ療法というのを聞いてきて、実際に話を聞き、ダメで元々という気持ちで治療を受けました。 レインボーパワーとテーピングそしてルームにびわ温灸の組み合わせで治療間隔を週一で行いました。 どうしても週一でしか治療ができず約三ヶ月後には浮腫なくなり履けなかったズボンが履けるようになりました。 それ以後は全然浮腫まなくなり早く治療を受けていればと思います。間隔を詰めていればもう少し早く良くなっていたのかなと思います。


大阪市住吉区 36歳 男性

ある時胸が苦しくなり内科に受診して心電図等を受けて血圧の薬を処方されて服用していたにも関わらず中々良くならず、近くの鍼灸整骨院を受診して鍼治療を連続で約一週間受けましたがここでも中々改善されず、インターネットで調べて刺さない鍼治療で レインボー療法を知り住吉区のカリヤ鍼灸整骨院を受診しました。 初回から連続でレインボーパワー・テープ・ルームで治療して頂きたった三日であれだけ改善できなかったのに胸も苦しくなく血圧も安定してよくなりました。 まだ無理をしないように言われていたのですが仕事が忙しく頑張って仕事をして又同じ様になり慌てて仮屋先生の処に受診し治療して頂き元に戻りました。其処で出先でも対応できる様にと患者用のレインボーパワーを購入して少しでもおかしいと思えば自分でしてダメな時は先生に助けて貰いにいってます。

大阪市住吉区 女性 68歳

医療機関にて診療を受け利尿剤を一年以上飲み続けても変化無く、たまたま腰を痛めて住吉区のカリヤ鍼灸整骨院に通い腰を治療して貰いその時に全身浮腫にレインボー療法を薦められて、最初の一週間は連続してレインボーパワーをして貰い其の後レンボーテープを貼付し、びわ温灸という流れで治療。 二週間目からは、週二回を約三ヶ月続けて見る見る浮腫みが消え今まで着ていた服がダブダブになり化粧のりが良くなり若返った様な気持ちになり身も心も元気になりました。現在は調子のおかしな時は直ぐにレインボー療法を受けています。

院長から挨拶

院長挨拶 はじめまして。
カリヤ鍼灸整骨院の院長をしております、仮屋謙一郎と申します。

私は学生時代、ラグビーをしていたのですが、ケガが多く、治療に通院することが多くありました。
その際に感じた、治療を受けるごとに身体が変化していく過程や、痛みが消えるうれしさを実感する度にどんどんこの仕事を興味がわき、柔整師・鍼灸師を志すことにしたのです。

来院される患者様には、当院として出来うる限り知りうる技術を惜しまず提供致します。 また生活指導、食事療法等もさせていただきますので、二人三脚で改善していきましょう!

新着情報


10月の休診日

10月8日(土)午後・15日(土)午後の診療は、勉強会の為休診とさせて頂きます。 尚、その他の日曜祝日は通常(平日)の診療時間にて診療しております。

※急な諸事情により休診とさせて頂く場合が御座いますが御了承下さい。